夫婦二人暮らしの生活費。月収30万円の内訳を公開します。

家計をイメージする画像 家計管理

我が家の家計は一馬力。夫の月収がだいたい手取り26~30万円で、そのなかでやりくりしています。

先日、人様の家計簿は参考にならない!と書いたばかりですが、そうはいっても気になるもの。なかなかのぞき見できる機会が少ないからこそ、「ねぇねぇお宅はどーなの~?」なんて興味でちゃうんですよね。

 

ということで、うちの月収30万円の家計簿をチラリとお見せしちゃいますよ☆

 

スポンサーリンク

手取り月収30万円の家計簿を公開するよ

早速その内訳(予算)をお見せしまーす!

 

【生活費】

◉固定費

  • 家賃(駐車場込):53,000円
  • 水道・光熱費:10,000円
  • 夫携帯&スマホ代:3,000円
  • 妻携帯&モバイルルーター代:3,000円

 6,9000円

 

◉やりくり費

  • 食費:30,000円
  • 日用品:3,000円
  • 医療・美容室費:2,500円
  • 娯楽(レジャー)費:6,000円
  • 衣服関係費:2,500円
  • ガソリン代(2台):8,000円
  • 夫お小遣い:32,000円
  • 妻お小遣い:10,000円
  • 予備費:10,000円

計 10,4000円

 

生活費の合計:173,000円

 

 

【目的別貯金(近い将来使う予定)】

  • 自動車保険(2台):3,400円
  • 車維持費(車検・税金など)(2台):10,000円
  • NHK受信料:2,000円
  • 冠婚葬祭:10,000円
  • 職場の飲み会代:5,000円
  • 仕事関係費:12,000円
  • 引っ越し資金:5,000円

計 47,400円

 

 

【将来への貯金(しばらく使わないお金)】

50,000円

 
総額:270,400円

 

生活費について

キリの良い数字でやや多めに記載しています。家計簿を振り返って、ここ1~2年の平均値です。予算もだいたいこのくらいで組んでますね。

 

細かいことを書きますと…

外食は食費に計上。ただし、居酒屋・焼肉などの割高な食事は「娯楽費」にしています。おやつは1,000円程度なので食費です。

外食は食費?娯楽費?家計簿を書くときのマイルール
外食費を食費に含めるかどうかで、1か月の食費って大きく変わってきますよね。 よくある参考データには一体食費に何を含んでいるんだろう?て思うこともあります。...

 

娯楽(レジャー)費は予算10,000円なのですが、ここ数年、夫が多忙で全くお出かけできていないので、実際には6,000円程しかかかっていません…(。>0<。)

もっとお出かけしたいよー(ノ_・。)

 

衣類関係費は夫婦の下着や靴下、そして夫の洋服です。私のファッション費は自分のお小遣いからなので、衣類関係費はあまりかかりません。

 

ガソリン代は2台で月10,000円くらいは予算としてみています。

それを超えると高いな~(。>д<。)という感覚ですが、車がないと生活できない環境なので、こればかりはどうしようもない!

ガソリンの単価が上がれば他で節約がんばらなきゃ!て感じで捉えています。

 

お小遣いは夫32,000円、妻10,000円です。ここに何を含んでいるのかの内訳は別記事に詳しく書いてるので、良かったら参考にして下さい。

参考

家計との境界線はどこ?夫のお小遣い3万2千円の内訳を公開!

専業主婦のお小遣いの内訳は?月1万円の使い道を公開!

 

予備費は10,000円となっていますが、これは特別予算は組んでません。いつもなんとなく余って繰り越されているので、「予備費」と名前をつけただけです(^o^;)

 

私は、「予算内でやりくりして、少し余らせて翌月へ繰り越す」ということを目標にしています。繰り越して貯まったお金は、旅行費に充てたり♡

家電などの値の張るお買い物はボーナスから!という方針ですが、最近は旅行にも行けてなくて繰り越し金がたくさんあるので、そこから出したりしていますね。

 

ちなみにボーナスは全額貯金です!(え・・・鬼ですか?笑)

項目ごとに予算を組んで気にはしているものの、基本的には全体として赤字にならなければOK!という考えです。

かつ、2~3か月毎の平均でバランスが取れていればOK!とも考えていて、家計簿をつけるときに「今月はこうだったのね~」と把握する感じですね。

2人暮らしの田舎生活には十分な収入だと思っているので、そこまで「節約!節約!」とならなくてもやりくりできています。(夫に感謝です♡)

これが子どもがいたり、都会での生活だとしたら、娯楽や誘惑も多いので支出はもっと増えるのだろうな~って思いますけどね。

 

目的別貯金について

年払いなどで、ある時期に必ず払うべき大きな支出・・・

定期的に払う大きなお金は毎月の収入から先取りで積み立てています。

これをすることで、ドン!と一気にお金を払ってもストレスがないし、貯金が出来ているのか出来ていないのかが把握しやすいです。

貯金を崩すストレスを無くすワザ。目的別に積み立てれば家計管理は上手くいく。
毎月せっせと貯金に励み、ようやく貯まってきた~ってときに「結婚式」「税金」「車検」などでお金がドーンと必要になる… 貯金、崩したくない。。。せっかく貯まっ...
目的別貯金のやり方。我が家の項目と内訳と管理方法を紹介するよ。
家計管理がググっとわかりやすくなる目的別貯金。私は結婚してから始めました♡ この記事では、我が家でやっている目的別貯金のやり方をご紹介しますね。やってみよ...

 

将来への貯金について

結婚当初は30,000円を先取り貯蓄していましたが、夫の収入も少しづつ上がってきたので、去年から50,000円を貯金しています。

使い道が具体的に決まっているわけではないですが、おそらく、

  • 車の買い替え
  • 大型家電の買い替え
  • マイホーム購入
  • 老後の貯蓄

あたりに使うことになるのかな?

定年までにいくらくらい必要なのか?車はいつ頃買い替えるのか?などあまりイメージできなくてきちんと考えられていません。

とりあえず、50,000円ずつ貯金だけしています。これでいいのか…不安(´・ω・`)

 

予算を立てるときに参考にした本

家計の予算を決めるときに参考にしたのがこの『結婚一年生 [ 入江久絵 ]』という本!

 

コレ、入籍の数か月前に自分で購入しました。

家計や保険、マイホームに関わるお金の話がとっても分かりやすくまとめられているので、当時20代半ばの私には本当に勉強になることばかりで!

普段本は借りる派なのですが、手元に置いておきたいと思って買ったのですo(^-^)o

家計管理についても、「生活費の目安を何%にすればいいよ☆」などの割合が書かれているので、最初はこれをもとに予算を考えたりしてましたね。

 

お金の話ばかりでなく、

  • 生活習慣病や応急処置などの健康のこと
  • 冠婚葬祭や贈り物など人付き合いのマナーのこと
  • 食品の保存方法や収納・掃除テクなどの家事のこと

が詳しく書かれていて、今でもときどき開いて結婚生活を送る上での辞書のように使っています♡

 

ネットで調べたら出てくるような情報ですが、検索って自分で疑問を持たなければ情報は入って来ないんですよね。

なので、マナーも家計も何にも知らない新米主婦時代にはすごーく勉強になった本です(´∀`)

中身は漫画形式になっているので、とても読みやすいですよ♡

 

おわりに

・・・と、こんな感じで生活してます。二人暮らしなので「節約してます!」「やりくりしてます!」て家計簿ではないですね(^_^;)

ただ私なりに、ポイントサイトやクレジットカードを使ってポイントを貯めたり、モニターをするなどして生活費の節約につなげていますよ。

 

生活費自体は結婚当初から大きく変わっていないです。夫婦ふたりの間が「貯めどき」なので、上がった収入分は今のとこ貯金に回しています(`・ω・´)ゞ

将来お金がどのくらい必要なのか?はきちんと考えられていないので、これからまた勉強していかなきゃな~(o´ω`o)

 

以上ー!

コメント