家計との境界線はどこ?夫のお小遣い3万2千円の内訳。

男性の持ち物 固定費

一馬力の我が家は夫の手取り月収30万円でやりくりしています。そのうち、夫のお小遣いは32,000円です。

一般的にお小遣い制の家庭の場合、旦那さんのお小遣いは収入の1割が目安だよ~と聞くことが多いですよね。

ただ、 1割と言われても「そこに何を含むのか?」によっては「足りない!」て言われかねません。

我が家もずいぶん夫に「足りない!足りない!」と言われては、お小遣いの前借りを請求されてました。そのたびに、よそのお宅ではどうなんだろう・・・てすっごく気になってたんです。

ネットで調べて「お小遣い4~5万円です!」なんて意見を見たときは衝撃でしたね。

 

そんな気になる夫のお小遣い。家計との境界線はどこにしているのか、我が家の場合をご紹介します。

 

スポンサーリンク

何に使う?夫のお小遣い3万2千円の内訳!

私の知ってる範囲で、夫のお小遣いの内訳を書いてみます。

お小遣いの内訳

  • プライベートの飲み代
  • 会社の飲み会後の2次会、3次会
  • 嗜好品(仕事中の缶コーヒー、お菓子など)
  • 趣味費
  • 妻へのプレゼント

 

会社の同期や地元の友人との飲み会はプライベートな楽しみなのでお小遣いから。頻度も少ないですし。

会社のお付き合い的な飲み会(新年会・忘年会・歓送迎会など)は家計から出しています。ただし、2次会以降はお小遣いです。

 

お菓子は家計でも買ってますが、それとは別に、たまーに自分で食べたいものを買ってきます。ストレス溜まって爆買いとか(笑)←お菓子大好き♡

あと、仕事中の缶コーヒーね。

 

趣味費はゲームや釣りなどそのときハマっている何かに使ってますが、そんなに高額じゃなさそう。

 

その他、ありがたいことに私の誕生日やクリスマスの日には、お小遣いの中から何かしら買ってくれます。過去にお花やケーキなど買ってくれましたよ♡

タバコや晩酌はしませんが、あるとすればお小遣いからお願いするかな?

 

お小遣いに含まないもの

以下はお小遣いには含まず家計からです!

家庭によっては「お小遣い」で計上するところもあるような微妙なラインのものを挙げてみました。

  • 会社の飲み会
  • 散髪代
  • 昼食代
  • ガソリン代
  • ケータイ代
  • 洋服代
  • 仕事関係費

 

先ほども書きましたが、職場のお付き合い的な飲み会(忘年会・新年会・歓送迎会など)は家計です。回数が多いので、お小遣いにしてしまったら32,000円では足りないでしょうね~

代わりに2次会以降は手出ししてもらってます。ここは自分でコントロールできると思うので、程よくお断りしてもらえたらうれしい。。

 

散髪代は生活する上での必要費なので家計から。

 

お昼代はお弁当を持たせないときは1回500円を渡すルールなので、その前後でお弁当を購入しているようですね。

私がお弁当作りをサボると地味に家計を圧迫するので、がんばる刺激にはなるかもです(笑)

 

服は必需品という考えで家計からです。買うときは一応「アレが欲しい」「買っていい?」て相談してくれますよ。

ただ、あまりに高額なものは要相談。お小遣いからお願いするか、半分援助って感じにしてます。

 

ガソリンは仕事帰りに入れてくることもありますが、レシート提出で夫に返金する仕組みです☆

 

ケータイ代をお小遣いにしている家庭もありますよね。以前あまりに高すぎてストレスだったので、我が家も「お小遣いを増やすからケータイ代も自分で払って!」と提案したのですが却下されました…

(その後格安スマホに変えたことで節約に成功したよー!)

 

仕事関係で必要な本や道具、服、交通費などは家計から。ときどきちょっとしたものは自腹で払うこともあるみたいだけど、請求されればレシート提出で返金する方針です。

 

お小遣いは自由に使えるものだけにしてます

夫のお小遣いを決めたときに考えたことは、その使い道が自分の好きなことだけに使えるようにしたこと

つまり、お弁当代やケータイ代、ガソリン代、洋服代、散髪代などの生活費、会社のお付き合い費という避けられない必要経費は家計からにしてるんですね。

『自分に関わることは全てお小遣いから』という私のお小遣いの内訳と違って、夫のお小遣いは本当の意味でまるまるお小遣いそのものだと思っています。

 

まとめ

いかかでしょう?わたし的には使い道を予想しても十分な金額だと思うのですが、どうなのかなー?

必要経費は家計から出しつつ、足りないことがないような金額に設定してるつもりなので、あとは夫のやりくり次第だと思ってます。

 

ちなみに、もし残業のない部署に異動になって手取り月収が減ったときには、迷わずここから見直しさせてもらう予定~(^_^;)

そうならないように、私も頑張って世帯年収を上げたいところですね!

コメント