【やりくり術】飲み会の多い夫にイライラせずにお金を渡せるようになる簡単な方法

繁華街 家計管理

旦那さんの飲み会が続くとイライラしていた心の狭いメリコです。こんにちは(´・∀・`)

「いなくて寂しい~(>_<)」なら可愛らしいのでしょうけど、私の場合は「お金がかかる!!!」という金銭的なところでイラッとしちゃいます。

会社の飲み会なので夫の判断で断ることなんてできないことは分かっています。分かっているけどイラッとしちゃう…そういうもんです(´・ω・`)

そんな私が、飲み会が何日続こうとイライラせずに気持ちよくお金を渡せるようになった方法のお話です。

 

スポンサーリンク

夫の飲み会が続くとイライラしませんか?

夫の職場は飲み会が多いです。仕事の帰りに同僚とちょっと一杯…という飲み会ではなく、忘年会や新年会のような全員参加型のものが多いのです。

特に、転勤時期に何度も開かれる歓送迎会は回数を稼ぎますよね~

 

我が家では、このような職場の参加必須の飲み会に関しては家計扱いにしています。

ただこの場合、飲み会が続くと家計管理をしている私の方がちょっとストレスになっちゃうんです(^_^;)

 

飲み会費で家計が圧迫されることがストレスの原因

イライラする原因は、最初に書いたように飲み会費による家計の圧迫です。

例えば、2013年のある時期の1ヵ月の家計負担の飲み会費は20,000円でした(過去最高!)。

 

分かってますよ。これが遊びの飲みでないことくらいわかっているんです。

下っ端の夫にとっては気分転換でもなければ、気を遣うだけの大変な飲み会。落ち着いて食べ物なんて食べていられないことくらいわかっているんです。

仕事の延長だ!と夫にも言われました。一応私も少ないながら、仕事の飲み会に参加したことはあるのでわかってます。

でも、月の予算を守りたい私としては「また~!?」て言っちゃうんですね~(^_^;)

 

飲み会費を積み立てて支出の変動をなくそう!

そこで、あるときから始めたのが飲み会費の積み立てです!

我が家の場合は飲み会の頻度に変動があるんですね。毎月毎月多いわけではなく、時期によっては全然ない月もあるんです。

なので、出来るだけ支出が一定になるようにしよう!というわけですね☆

私の場合、積み立てはこのようにやっています。

飲み会費積み立てのやり方

▼飲み会費を積み立てる3ステップがこちら♡

  1. 年間でかかった飲み会費総額を出す
  2. 12ヶ月で割って1か月辺りの負担額を出す
  3. 毎月その金額を積み立てる

 

ここでのちょっとしたポイントですが、最初に積み立てを始めるときは、1ヵ月あたりの負担額よりもやや多めに積み立ててください。そうすると、ストックに余裕が出来て、急に飲み会が多くなっても対応できます。

私の場合は最初は月8,000円ペースではじめました。ちょっと多いかもしれませんが、飲みが続いて月1万7千円の出費!ということもあったので、それに比べたらへっちゃらです!

 

で。ある程度積み立てのストックが溜まってきたら、【2】で出した月平均の負担額に下げて積み立てを継続していくだけ!

私の場合は最大4万円のストックが貯まったことがあるんです。で、これは貯まりすぎだな~ってときは毎月の積立金額を下げます。

今はストックが1万円を切ってしまったので、積立金額を3,000円から5,000円に増額して対応中です。これから年末、年度末にかけてガンガン飲み会が入りそうなので、少しでも蓄えておかないと!

 

積み立てするときのポイント

積み立てを作るときに心掛けていることは、ストックを絶対に切らさないことです。無くなる前に月々の積み立て金額を多めにして調整することを意識しています!

これで家計簿上の月々の生活費が飲み会費に左右されなくなるので、私のストレスは激減!夫を気持ちよく送り出せるようになりました♡

すばらしいー( ´艸`)

「今日ご飯作らなくてラッキー☆」なんて思える日もあるくらいですよ(笑)

 

積み立てを初めて気づいたこと

散々飲み会多い!多い!と言ってきましたが、実際他の家庭の事情なんて知りません。ウチってホントに多いのかな?それともどこの家庭もこんなもんでしょうか?

私は女性ですしガツガツお酒を飲むタイプでもなければ、仕事終わりに飲んで帰ろ~!て趣味もありません。なので、既婚者が毎週お酒を飲みに行きたい感覚があんまりわかんないんですね(^_^;)

そういう私の価値観を踏まえたうえで家計負担を考えると、私の理想は月1回。3,000円~4,000円負担が希望です。

あ、お小遣いで飲みに行くのは全然構いませんよ♡家計負担に関しての私の希望です!

 

積み立てを始めてからは、だいたいこの理想に近づくようになってます。(月3,000円~5,000円積み立て)

(ただし、一部出張時の飲み会を含めると足りないので、そのときは【出張用積み立て】を使ってます)

 

ということはですよ!年間を通して平均を出してみると、そこまで莫大な金額でもないんだなーってことに気づいたんです。

月8,000円、9,000円も渡す日々が続くとムキーッとなっていましたが、たいした金額でもなかったんだなーってわかると、自分が恥ずかしくなりますね(笑)

 

まとめ

飲み会続きで出費がかさみ、イライラして旦那さんに小言を言ってしまうようなときは、一定金額を毎月積み立ててストックを作ってみましょう。

半分仕事のような飲み会をきっかけに喧嘩するなんて時間の無駄です!

行ってらっしゃい♡と笑顔で送り出せるようになれたら、帰りにコンビニスイーツでも買ってきてくれるようになるものですよo(^-^)o

 

▼あわせてどうぞ。

貯金を崩すストレスを無くすワザ。目的別に積み立てれば家計管理は上手くいく。
毎月せっせと貯金に励み、ようやく貯まってきた~ってときに「結婚式」「税金」「車検」などでお金がドーンと必要になる… 貯金、崩したくない。。。せっかく貯まっ...
目的別貯金のやり方。我が家の項目と内訳と管理方法を紹介するよ。
家計管理がググっとわかりやすくなる目的別貯金。私は結婚してから始めました♡ この記事では、我が家でやっている目的別貯金のやり方をご紹介しますね。やってみよ...

コメント