旅行中に使ったお金の管理の工夫と家計簿の付け方

財布から出てくるお金の画像 家計管理

旅行中に使ったお金を家計簿につけるとき、どこに書こうか迷いませんか?

外食代は普段の食費に含める?お土産代は交際費?電車やバスなどの交通費はレシートがなくて、結局いくら使ったのか分からなくなるけどどうしよう…

そうならないように私が工夫している旅行中のお金の管理方法と、使ったお金の家計簿のつけ方をご紹介します☆

 

スポンサーリンク

旅行中のお金の管理方法

ちょっと前に夫と海外旅行に行ってきましたー(*^o^*)

海外で使ったお金を家計簿につけようにも、わざわざ日本円単位で付けるわけにもいきませんよね。交通費やチップなど、記録に残らない支払いの機会もたくさんありますし…

これは国内旅行でも同じで、レシートがもらえない支払いをすることってたくさんあります。

 

普段ならね、自販機で買った飲み物などちょっとしたものならスマホにメモすることもあるんです。

家計簿をつけている私がレシートをもらえないときにこっそりやっていること
私は家計簿をつけているので、お買い物をしたときには必ずレシートをもらいます。 ときどきレシートをくれなそうなお店もあるので、そのときは「レシート下さい♡」...

でも、電車やバスなどたくさん使う予定の旅行では全ての支払いをいちいち覚えてられませんし、メモするのも面倒ー(。>0<。)

 

なのでまず私がしたことは、旅行に行く前にお財布の中にいくら入っているのかをあらかじめ数えておいたんです。

で、帰宅後に残っているお金を数える。その差額が「旅行中に使ったお金」ということになりますよね☆

基本クレジットカードを使うようにしているので、クレジットカード利用の控え(レシート)と先ほど計算した現金の差額を足した分が「旅費」となる感じです。

 

レシートがもらえない機会が多いと家計簿をつけている身としては「家計簿が合わなくなる…(´_`。)」って思ってモヤっとしてたんです。

でも差額で使ったお金を把握する方法なら、レシートなくても全然気になりませんよ♡

 

家計簿のつけ方はどうする?

我が家の場合、旅行費は普段の生活費からではなく貯金から出しています。

なので、旅行中のお金は全て「旅費」として家計簿につけて、食費や交通費、レジャー費などの普段の生活費とは項目を分けて考えてます。

 

旅行は非日常ですし、普段の生活費とは全く別。

例えば旅行中の食事代を通常の「食費」として記録してしまうと、その月の食費の項目が普段よりも大きく予算オーバーしてしまうのは当たり前ですよね~

後から見たときに全く参考にならないので、旅行中に使ったお金はキッチリ分けたほうがいいかなーって思ってます☆

 

まとめ

旅行前にお財布の中身を数える。で、帰ったら残金を数えて差額を計算。これで、旅行中にレシートがない支出がたくさんあっても大丈夫ー!

そして家計簿を付けるとき。旅行中に使ったお金は食費も交通費も全部まとめて「旅費」とすれば、普段の生活費の予算は脅かされないからオススメ☆

コメント