専業主婦のお小遣いの内訳は?月1万円の使い道を公開しますよ!

女性の持ち物 固定費

私は専業主婦をさせてもらっていますが、お小遣いはキッチリ貰っています!その額1万円!

多いですか?少ないですか?

専業主婦をしているとお付き合いがだいぶ減るので、私にとっては十分な金額ですね。

ではでは一体何に使っているのー?てところを公開しちゃいますよ♡

 

スポンサーリンク

私のお小遣いの使い道を大公開!

我が家の場合、「妻のお小遣い」という項目を家計予算に入れています。
金額は毎月10,000円。

 

使い道はこんな感じです↓

【交際費】

・友人とのランチ&飲み
・友人へのプレゼント(出産祝いや手土産など)ランチは月1回くらいです。飲みは年末年始など。ランダムですが年2~3回くらいかな?出産祝いは年齢的に最近多いですが、大好きな友人のお祝いなので気にせず使います。独身時代の貯金があるので、続いても平気です♡


【交通費関係】

・バス
・駐車料金

私用でのお出かけでバスや駐車料金が発生すればお小遣いから使います。


【おやつ&飲みもの】

自分一人で食べるとき(夫がいない日やお出かけ先でなど)。


【化粧品(メイク&スキンケア全て)】

・メイク用品全て
・スキンケア用品全て
・ハンドクリーム
・ボディークリーム

基本、プチプラです。

ただ、年齢的にそろそろお金をかけたいところなので、モニターやポイントサイトなどを利用して実質無料でもらったりと工夫しています!

化粧品代0円をめざす!美容費の節約ができるお得ワザのカラクリは?
化粧品にこだわりがある方ではありませんが、私もアラサーです。いい加減「こだわった商品」を使いたいという気持ちがあります。 とはいえ、私のお小遣いは月1万円...

【ファッション関係】

お洋服や小物、アクセサリーはお小遣いから。昔よりは買わなくなったのと、必ずセール期間を狙うようになりました。

ただ、下着は必需品なので家計から。気が向いたときはお小遣いから出すことも(女性の下着は高いので)。

この辺はテキトー(^_^;)

もしくは「贅沢品か?必需品か?」で自問自答して判断しています。

服も必需品ではありますが、お洋服が好きな私にとっては「趣味」に近い!ということで、お小遣いから出します♡


【美容院(4~5か月毎】

自分で出してます!安いところを探しています(クーポン使ってカットのみで2,000円ちょっとの相場)。

カットはスタイリング次第でなんとでも可愛くできると思っているので、特にこだわりはありません。

昔、8,000円でカットをしてもらったことがありましたが、安いお店との違いが全く分かりませんでした(^_^;)

 

以前はカラー大好きでしたが、結婚後は市販のものでセルフでやるようになり、現在はそれすら辞めて真っ黒です。楽チンです♡

結構気に入ってますが、たまに染めたくなりますね。そしてもう少しマメに行きたいのが本音(笑)


【ブログ運営費】

サーバー代+ドメイン代として月1,300円程の維持費がかかっています。今後ブログから収入が得られるようになれば、維持費分は返してもらう予定です(笑)

ちなみに、ブログを始めるにあたって購入したノートパソコンもお小遣いから出しましたよ!

 

具体的な内訳はこんな感じですね。

毎月かかるものではない項目もありますが、余れば翌月に繰り越したり、貯蓄してちょっといいものを購入したりしています。

使い道に関して夫に相談したことはなく、完全に私のサジ加減です。

基本的に「贅沢品」「趣味」「交際費」はお小遣い「生活必需品」は家計。迷ったときはこの考えで決めていますね。

1万円という金額が結構もらっていると感じているので、自分にかかる費用はどんな小さなものでも自分で払う、というスタンスです。

 

専業主婦でもお小遣いは貰った方がいいと思う!絶対!

専業主婦でお小遣いがもらいにくい…という声をときどき見かけますが、私は貰った方がいい!と考えています。

お小遣いという項目を作らない家計は一見上手く節約しているように見えますが、実は家計からダラダラと使っていることがよくあるんだとか。

やりくりをして余ったお金を…というやり方もありますが、項目が漠然としていて結局は無駄遣いに!なんてこともあるようです。

それよりも、初めから自由に使えるお金を支給してその中でやりくりする!私にはそれが合っていますね♡

 

というのも、私は性格的に、まず家計のことを考えてしまいがちです。

やりたいこと、欲しいものはたくさんあるけど、専業主婦という立場も重なって自分にお金を使うことを躊躇してしまいます

なので最初から自分が使えるお金が決まっている方が、高価なものでも買いやすいし、気持ち的にも自分のためにお金を使うことが出来るんです♡

なので我が家はその方針ですo(^-^)o

 

以上、手取り30万円家庭、子なし専業主婦のお小遣い事情でした!

 

▼ちなみに、夫のお小遣いの内訳についてはこちらです。

家計との境界線はどこ?夫のお小遣い3万2千円の内訳。
一馬力の我が家は夫の手取り月収30万円でやりくりしています。そのうち、夫のお小遣いは32,000円です。 一般的にお小遣い制の家庭の場合、旦那さんのお小遣...

コメント