支払日はいつ?わかりづらい楽天でんわの引き落とし日を時系列で解説

通帳とお金 家計管理

楽天でんわを使い始めたはいいものの、クレジットカードの明細書に一向に上がってくる気配がなくて不安になっていませんか?

私は通話料の節約のために楽天でんわを使っていますが、通話料の請求はいつも忘れたころにやってきます。

先日も久しぶりにクレジットカードの明細に上がってて、「最近電話してないのにいつのだろう?」と思ったら、なんとなんと!2ヶ月前に通話した分の請求でした!

メリコ
メリコ

遅っっ!

引き落としされるのは来月なので、通話料を支払うのは利用からおよそ3ヶ月後ということになりますね。

このタイムラグに今でも慣れず、あれれー?て思うこともしばしばです。

 

そんな、楽天でんわの理解しづらい支払いタイミングについて整理してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

楽天でんわの請求日はいつ?

公式サイトのヘルプページによると、前月11日~当月10日までのご利用料金を翌月中旬にクレジットカード会社へ請求するようになっているようです。

参考 楽天でんわ ヘルプページ|楽天でんわの料金の請求はいつ来ますか?

11日~10日とは、かなり中途半端な区切りですよね。

 

ここで確認しておきたいことがひとつ!

請求日と支払日は違います。

「請求日」は翌月中旬ですが、クレジットカード会社が実際に私たちの口座からお金を引き落とす「支払日」は、そこからさらに翌月か翌々月になりますよね(カード会社による)。

つまり、使用した時期からかなり遅れたタイミングで料金が引き落とされることになるんです。

 

支払いのタイミングを時系列で見る(楽天カードの場合)

私は、楽天でんわの支払い用クレジットカードは楽天カード にしています。これを条件に、イメージしやすいように時系列で書いてみますね。

  • 12/11
    【楽天でんわカウント開始日】
  • (例)12/13
    通話➀
  • (例)1/8
    通話②
  • 1/10
    【楽天でんわ締め日】
  • (例)1/15
    通話③
  • 2月中旬
    12/11~1/10の利用額合計の請求が明細に登場!
    通話①と通話②の利用金額の合計が、1/10の日付でまとめてクレジットカードの明細書に登場します。
  • 2/31
    楽天カードの締め日
    2月に利用したクレジットカードの締め日です。この合計金額が翌月27日に請求されます。
  • 3/27
    楽天カード請求額の口座引き落とし=通話料引き落とし
    2月のカード利用額の支払日です。つまり、12/11~1/10の期間に使った楽天でんわの通話料金が引き落としされます。

流れはこんな感じです。

 

使用から支払いまでのタイムラグが大きい

例えば、

  • 通話➀の料金はおよそ3ヶ月半後
  • 通話②の料金はおよそ2ヶ月半後

の支払いになります。

これだけタイムラグが出る理由は、楽天でんわを使ったら最短1ヶ月、最長2ヶ月後にクレジットカード会社へ料金の請求がいき、そこからさらに1ヶ月後に私たちへ請求がくる流れだからです。

 

区切りが悪い

例えば、通話②と通話③は同じ1月に使用していますが、通話②は3月末の支払い、③は4月末の支払いになります。

楽天でんわは、通話料請求を「前月11日~当月10日まで」という中途半端な期間で区切ってあるので、慣れないとわかりづらいと思います。

 

まとめ

以上、イメージできたでしょうか?

使ったタイミングと支払いのタイミングにタイムラグがあるほど、お金を使っている感覚や家計の管理は分かりにくくなるので、請求日・支払日はしっかり把握しておきたいですね。

 

\ 公式サイトをチェックする /
楽天でんわ

コメント