NHK受信料は年払いで年間最大2,590円の節約!目的別貯金をして支払いの負担を減らそう!

NHK受信料のパンフレット 支出を減らす

NHK受信料は支払い方法によって最大で年間2,590円もの差額が出るのをご存知ですか?

たった2,590円と思うかもしれませんが毎年出ていくお金です。10年経てば25,900円、20年経てば51,800円も差が出るんです。

この記事では、そんなNHK受信料の支払い方法による料金の違いについてと、無理なく支払えるコツについてまとめています。

現在、NHK受信料を振込み用紙で払っている人や年払いにしていない人は、是非読んでいただきたいです。

 

この記事で案内しているNHK受信料は2019年6月時点のものになります

 

スポンサーリンク

契約タイプ「地上契約」と「衛星契約」について

NHKの放送受信契約には「地上契約」と「衛星契約」の二つがあります。

それぞれの料金については以下。(2019年6月時点)

地上契約 口座振替・クレジットカード払い 継続振込
2か月払 2,520円 2,620円
6ヶ月前払 7,190円 7,475円
12ヶ月前払 13,990円 14,545円

 

衛星契約 口座振替・クレジットカード払い 継続振込
2か月払 4,460円 4,560円
6ヶ月前払 12,730円 13,015円
12ヶ月前払 24,770円 25,320円

 

衛星契約と地上契約では料金が倍近く違うんですね。

沖縄県は若干料金が異なります!NHKの公式ページで確認しましょう!>>NHK放送受信契約・放送受信料についてのご案内

 

ちなみに賃貸の場合、設備として建物にBSアンテナがついていると、地上契約ではなく衛星契約をすることになります。(視聴できる環境だということで)

私も以前、BSアンテナがついていないマンションからついているマンションへ引っ越したら、NHKの営業の方が来られてそのまま契約切り替えをすることになった経験がありますよ…

参考記事 引っ越しでNHKに住所変更の連絡をしたのに地域スタッフが来て、衛星契約を迫られたお話。

 

逆に、BSアンテナがついていない住宅に引っ越したにもかかわらず衛星契約のままだったという方は今すぐ解約の連絡を!自動で解約はされません!

参考記事 BSアンテナのない家に引っ越したらNHKに衛星契約解約の連絡をしよう!【手続き方法解説】

 

3つの支払い方法で一番お得なのはどれ?

支払い方法は3つあります。

  1. 振込
  2. 口座引き落とし
  3. クレジット

 

表を見ても分かるように、振込よりも口座引き落としかクレジットカード払いの方がお得なんですね。

地上契約 口座振替・クレジットカード払い 継続振込
2か月払 2,520円
継続振込より-100円
2,620円
6ヶ月前払 7,190円
継続振込より-285円
7,475円
12ヶ月前払 13,990円
継続振込より-555円
14,545円

 

衛星契約 口座振替・クレジットカード払い 継続振込
2か月払 4,460円
継続振込より-100円
4,560円
6ヶ月前払 12,730円
継続振込より-285円
13,015円
12ヶ月前払 24,770円
継続振込より-550円
25,320円

 

節約するには、振込にしている人はまずはそこから変えましょう!

できればクレジットカード払いにすると、カードのポイントがつくのでさらにお得ですよね。

 

私が愛用している楽天カード の場合だとポイント還元率は1%なので、例えば衛星契約を12ヶ月前払いにした場合、年間253ポイントつくわけです。

これが10年続けば2,530ポイント、20年で5,060ポイント、30年で7,590ポイント…となっていくので、長い目で見ると大きいと思います。

\ 楽天カードをチェックしてみる /

 

2か月ごとに払うよりも年払いがお得

まとめて払うか、こまめに払うかでも料金は変わってくるのですが、コースは3つあります。

  1. 2か月払
  2. 6か月前払(2か月払より5%お得)
  3. 12か月前払(2か月払より7.61%お得)

 

まとめて払うと、そうでない場合と比べて最大7.61%お得です!

具体的な節約金額を出してみたので、下の表を参考にして下さいね。

地上契約 口座振替・クレジットカード払い 継続振込
2か月払 2,520円 2,620円
6ヶ月前払   7,190円
2か月払より -370円
  7,475円
2か月払より-385円
12ヶ月前払 13,990円
2か月払より -1,130円
14,545円
2か月払より -1,175円

 

衛星契約 口座振替・クレジットカード払い 継続振込
2か月払 4,460円 4,560円
6ヶ月前払 12,730円
2か月払より -650円
13,015円
2か月払より -665円 
12ヶ月前払 24,770円
2か月払より -1,990円
25,320円
2か月払より -2,040円 

 

年払い用にコツコツ積み立てる目的別貯金がオススメ

2ヶ月払いよりも12ヶ月前払いがお得だとわかっていても、1年分をまとめてとなると結構大きい金額。家計に負担になるからイヤだなと考える人もいると思います。

そんなときは「目的別貯金」がオススメです!

私もやっているので、わが家の例をとってわかりやすく説明しますね。

 

わが家の場合:衛星契約・年払い・クレジットカード払い

わが家は衛星契約24,770円をクレジットカードで年払いしています。

契約した月が4月頃だったので、その時期に向こう1年分の受信料を支払っています。(クレジットカード払いなので勝手に支払われているという状況)

4月に24,770円が引き落としされることが分かっているので、この日までに貯めておけばいいわけです。そこで、1年間かけて分割で貯めていく計画を立てます

24,770円÷12ヶ月=2,064.166…

だいたい2,064円、私はわかりやすく2,050円積み立てることにしまし、毎月のお給料の中から封筒に分けています。

積み立てしているお金

 

こうすれば、年払いといっても毎月払っているのと状況は同じですよね。

もちろん、このお金に手をつけてはいけませんし、別の支払いのあてにもしてはいけませんよ。すでに支払ったお金と考えて分けておくんです

 

1年かけて24,770円が貯まったら、4月の支払いに合わせてクレジットカードの引き落とし口座に移動させてます。

そしてまた次の1年分の受信料を貯めていく、という流れですね。(クレジットカード払いなのでポイントも貯まる♪)

 

毎月積み立てるのは苦手…使っちゃいそう…と思うかもしれませんが、2か月ごとに払ったとしてもやっていることは同じですよね。むしろ、総額を見ると結果的に一番得するやり方なのでオススメですよ。

目的別貯金に関する詳しい記事は「目的別貯金のはじめ方。我が家の項目と内訳と管理方法を丁寧に解説します」もあわせてご覧ください。

 

まとめ

いかがでしたか?

一番お得な契約方法は、口座引き落とし・クレジットカード払いで年払いをすることでしたね。

衛星契約の場合、

2か月払いを振込用紙で払う→4,560円×6ヶ月=27,360円

クレジットカードで年払い→24,770円

この差額は、27,360円-24,770円=2,590円

と、最大2,590円もの差が出ることがわかりますね

できればクレジットカード払いにすると、カードのポイントも貯まるからよりお得(*´꒳`*)

テレビを持ってたらNHK受信料はずーーーーっと支払っていくもの。どうせ払わないといけないのなら、少しでもお得に契約しましょう!

コメント