知ってる?クレジットカードのデメリット。損しないために気を付けていること。

クレジットカード クレジットカード

クレジットカードを使ってポイントを貯めることは家計の節約につながりますが、カード払いでの悪影響を考えたことがありますか?

特に浪費傾向のある人はお金の管理に関心が薄く無駄遣いしがちなので、向いてないだろうなーって思ってます。(ちなみにこれ、夫の話ね。笑)

カードを使うことでのデメリット(悪影響)について、カード生活6年の私なりの考えを偉そうに語ってみますよ(笑)!

 

スポンサーリンク

クレジットカードのデメリット

クレジットカードはポイントが貯まってお得な反面、使い続けるとこんなデメリットが!

金銭感覚がおかしくなる

カードを出すだけで物が買える…。これ、お金を使っている実感がないです。よっぽど意識しなければ、金銭感覚は確実に麻痺します。

現金で1万円のものを買えば、1万円が手元から離れていくのが目に見えて分かります。でも、カード払いだとそれがありません。

どんなに高い買い物でも、カードを出すだけで手に入ります。そのときに、お金を見ない&触れないので「お金を使った!」「買った!」という実感がまるでないのです

おそろしいですよね。。。(°Д°;

 

倹約家の私でも、ときどきスーパーでのレジ精算後「あれ?いくら払ったんだっけ?」て分からなくなることがあるんです。反省…

極端な話、カードを出せば払えるので「いくらだったか」は関係ないんですよね。

なので、たとえ少額の買い物でも、きちんとお金(価格)に向き合えない(意識しない)人にはクレジットカードは向いていないと思います

(これは、電子マネーでも同じようなことが言えますね)

結果、ポイントは貯まっても無駄遣いすることになるんじゃないかな?

 

浪費につながる

当たり前ですが、クレジットカードは後払いなので借金です。カード会社からお金を借りている状態です。手元に現金がないどころか、通帳に預金がなくても物が買えてしまいます

利用金額を意識せずに使っていると、翌月(または翌々月)の支払いがどんどん増えて大変なことに!

家計状況を把握していない人は、自分の支払える金額以上を使ってしまうこともあるかもしれませんよね。

これだと、節約のために持ったはずのクレジットカードが浪費につながっているという悲しい状況にー(。>д<。)

今月いくら使っているのか、来月いくら支払わないといけないのか、というのをきちんと管理できない人にはクレジットカードは絶対向いていないと思います。

 

カード払いで損しないために気をつけていること

デメリットを踏まえたうえでも、やっぱりもらえるポイントの恩恵も大きいので、私は日常的に使ってるんですよね。それに、きちんと管理さえできれば何の問題もありません。

私が心がけていることが2つありますのでご紹介しますね☆

買うときは現金払いと同じように購入価格を意識すること

当たり前すぎますねー(笑)

でも、当たり前のことをできなくなるのがクレジットカード。これを普通にやってれば、現金で払うのもカードで払うのも同じだと思ってます。

「カードで払えるからなんでも買える」ではなく、現金で買うつもりで買い物してますよ

 

カード払いした総額を正確に把握する

私は家計簿をつけているので、今はそこで把握しています。以前はカードを使うたびに、使った金額分を現金払いしたつもりで、お財布から封筒に取り分けていました

これで、持ち金以上の金額を使ってしまうことを防いでます!そして、翌月の請求でパニック!なんてことは一度もありませんよ♡

 

ちなみに私はもともと財布の紐が固い方なので、デメリットがそこまで悪影響しないのかもしれません(^_^;)

 

まとめ

クレジットカードは節約になる!と言われますが、使い方によっては全然そうじゃないんですよね。それどころか、家計破綻につながることもー!!!

カードでのお買い物を現金と同じように考えられない人は、利用をよく考えた方がいいかもしれませんね。ポイントで得するどころか、それ以上支出が増えているかもしれませんよ?

カードが苦手、でもポイントも欲しい。そんな人は固定費の引き落とし程度にとどめておきましょう(・∀・)

コメント