実家の収納スペースを圧迫していた自分のモノを片付け!学生時代の教科書やプリントを捨てた

実家の片付けで捨てた自分のモノ 実家の片付け

実家の片づけをはじめたときに気づいたことは、自分のモノが結構あったんだということです。

家を出て十数年経っているにもかかわらず、ダンボールに詰めた荷物があちらこちらに収納されており、実家の収納スペースを占領しています。

散らかっているわけではないけれど、使われることのないものがいつまでも置いてあるのはストレスだろうなーっと反省していますね。

 

スポンサーリンク

十数年ダンボールで保存していたモノとは

この十数年、ずーっとずっととってあったもので圧倒的に多いのは、学生時代の教科書やプリントたちです。

特に、高校時代に受験勉強で使い込んだ教科書、授業で使ったプリント、中間・期末テスト、模試の結果などが大量に残っています。

学生時代の教科書・ノートプリント類

今振り返っても、その時期は自分の人生の中で「頑張っていた」時期であり、その頑張ったものは「勉強」だったんですね。

その証となっている教科書やプリントたちは私にとって想い出の品であり、その時期を象徴するもの。

だから捨てられなかったんです。

 

とはいえ中・高・大学と合わせると量も多く、一体ダンボール何個あるんだ、、、て状態。

大人になった今、さすがにこれはダメだと思うわけです。

しかも自分の家ではなく人の家。結婚して家を出てそこで生活していないので、実家は「実家」ですが「私の家」ではないんですよね。

ホント、迷惑な話だと思います。

 

実家の片づけは自分のモノから

他人のモノを「これ捨てたら?」ととやかく言う前に、まずは自分のモノを捨てるべき!

私も今の今までずーっととってあったダンボールを開封し、捨てる作業を始めましたよ。

 

かなり想い入れのある品なので、見てしまうと当時のことがいろいろよみがえりますね~

「こんなのあったなー」
「懐かしいなー」
「がんばってたなー」

 

今となっては全く理解の出来ない数式を見て、当時はこれを解いてたのかと思うと「人ってやれば何でもできるようになるんだなぁ」と勇気がわいてきたり☆

数学のプリント

 

で、一通り想い出にふけったら残すものを選別!

・・・え!?まだ残す気!?て思いました(笑)?

いや、、ほぼ全て捨てる気ではいるのですが、やっぱりどうしてもまだ捨てられないものは一時保留で残してます。。←ごめんね、お母さん(笑)

けど、ほっとんど捨てますよ!!!

 

ひとまず、捨てたのはダンボール2箱分のこれだけ。

実家の片付けで捨てた自分のモノ

ダンボールが多すぎて、1回の帰省では片づけきれませんでした。

そう、まだまだあります。

 

ファイルに挟んであったプリントをすべて外すのは、ホント大変でしたよー。

ファイルに閉じられたプリント類

 

ちなみに、同じようなダンボールが私以外の兄弟の分もあります。

想い出のモノって厄介ですね(・ω・`;)

 

教科書は売れる!

いらない教科書がたくさんあるなら、売るという選択肢もあり!

大学の教科書や専門書は高価なものも多いので、そのまま捨ててしまうのはもったいない気もしますからね。

 

大学教科書・専門書・医学書の買取サイト「専門書アカデミー」では、大学の教科書以外に、TOEICや公務員試験、大学受験の参考書、予備校のテキストや教材、ユーキャンの教材など幅広く取り扱っているみたいです。

モノによっては多少の書き込みも買取していただけるようですし、発行年度が古くても人気の書籍については高価買取できるとのこと。

 

改訂版がでていると情報が古くなっていることで買取不可となるかもしれませんが、どうせ捨てるものであれば試しに送ってみてもいいかと思います。(専門書アカデミーの場合は10冊以上送れば送料無料

意外に高く売れる本が混じっているかもしれませんよ☆

 

ちなみに、小中高の教科書は対象外。ただし、大学受験の参考書や問題集、予備校のテキスト・教材は査定可能。

うーん、境い目が難しい・・・

 

▼買取できる商品の詳しい内容はサイトでご確認くださいな。

公式 大学教科書・専門書・医学書の買取サイト「専門書アカデミー」

▼医療系に特化しているのはこっち。

公式 医学書・医学専門書、看護・薬学などの教科書・専門書の買取サイト「メディカルマイスター」

コメント