子なし専業主婦の選択は勇気がいる。多数派でいることの安心感が、私にはまだあった。

転勤族のこと

私は、子供のいない専業主婦です。

子育て中でもないのに働いてないなんて、実はかなり肩身が狭いです。

 

夫と結婚してすぐに引っ越しがあったので、それまで働いていた職場は辞めました。

転勤妻の私には引っ越しがつきものですし、加えて妊娠・出産の可能性まで考えると就職することには迷いがあり。

以降、長期で働くことはなく、短期でのアルバイトでしか働いていません。

そしてここ数年は完全な専業主婦です。

 

そんな私が専業主婦でいることに決めた想いについて、忘れないように書いておきます。

 

スポンサーリンク

子なし専業主婦の選択は、かなり勇気がいるものです

子どもがいないのに専業主婦をしているって、私にとっては結構勇気がいる選択で。

それはきっと、私の中に「働くべきだ!」という気持ちがあったから。

働いている自分でいたいし、働いて社会貢献することでお金を稼いでいることは素敵だと思っています。

 

ちなみに、私にとって「働く」とは外で労働する働き方のこと。

会社(職場)に通って働く、つまり雇われるという選択肢しか思い浮かばないし、「お金は苦労して稼ぐものだ」「働くことはしんどいことだ」という価値観を持っていました。

それが私にとっての「普通」でした。

 

つまり、大人になったら会社に雇われて少々大変な思いをしながらお金を稼ぐのが普通だ、みたいな考えを持っていて。

その「普通」から外れることが不安でしたね。

 

そもそも何のために働くのかというと、お金を稼ぐためですよね。

同じお金を稼ぐ方法として、家で自由に仕事をするライフスタイルや不労収入で生活を成り立たせている人もいます。

ただ自分とは無縁ですし、すごい!うらやましい!と思うことはあっても、本気でそうなりたいなんて思ったことはありません。

それは私にとっての「普通」ではないからです。

 

大多数の生き方に安心感を覚える

「世界の日本人妻は見た!」という番組を知っていますか?

外国人と結婚して海外で暮らす日本人妻の生活を紹介する番組で、海外や人のライフスタイルに興味のある私はよく見てるんですよねー。

 

その番組を見てると、日本人の「普通」は海外の人から見ると「普通でない」ということがたくさんあることに気づきます。

労働時間がものすごーく短い国もあるし、残業は一切しないのが普通という国もあり。

共働きで食卓は冷凍食品だらけなのが普通の国もあれば、休憩時間にがっつりお昼寝をするのが普通だとする国もある。

 

もちろん、それは文化や制度、環境の違いであるからこそなので、それをそのまま日本に取り入れるのはまた違う話です。

ただね。

これを見て、もしも日本がこういう状況になったとき・・・

それでも私は、自分だけ「残業してお金を稼ぐ選択をするか?」「休憩も取らずに働くか?」て。

それを、頑張っててカッコイイと思う?そういう道を選ぶ?て。

 

と考えたとき。

私は、そのときの大多数の生き方に安心感を覚えるんだろうなーって気づいたんですよ。自分がどうしたいか、ではなくね。

 

きっと、世の中の大半の人が自宅で仕事をするようになったら、私も会社には行きたくない!て思うんでしょう。

通勤時間は節約できるし、子育てや介護をするのにも都合がいいですし。

まだまだ主流ではないけど、そういう働き方の出来る会社もありますよねー。

 

私はどうしたいの?

自分が「多数派でいることを選択して生きてるんだな」て気づいてからは、意識的に「自分はホントはどう生きたいのか?」を考えるようにしています。

ネットを通して、意識的に「雇われずに働いている人」の生き方を目で追うようになると、今まで見えなかった世界が見えてきて、自分の中の固定観念が和らいでいきました。

 

「普通」にとらわれず価値観を広げてみる。いろんなケースを知ってみる。

そうすると、在宅でインターネットを使って収入を得られるようになりたいと、素直に思えるようになったんです。

 

現在まともな収入があるわけではないですし、今後収入が得られるようになれるとも限りません。

今の状況で、はたからみればニートです。働けよ!て言われて当然。

 

それでも、夫が「専業主婦でいいよ」と言ってくれて私自身が納得した選択をしていれば、周りの評価は関係ないかなーって思えるようになりました。

人の目を気にして「普通」でいるよりも、大事なのは「どう生きたいか?」「何がしたいか?」が大事かな、と。

 

とはいえ専業主婦って、リスクはありますよね。

ブランクも増えるだけだし、再就職を考えるといいことなんてない。夫が死んだら、私、どうする!?て不安にもなるんですけどね・・・

 

そういえば、週休3日ってホントかね?

チラッと耳にした情報ですが、最近週休3日を導入した企業さん、検討中の企業さんがあるらしいですね。

もしも将来、週休3日がスタンダードになったなら・・・やっぱり私も「3日休みたい!」て絶対思いますね!絶対!

 

みんなが残業して稼ぐ社会が当たり前ならそうありたいと思い、みんなががっつり休んでプライベートを充実させてるならそうありたいと思い・・・

「普通」の呪縛から逃れた気でいましたが、まだまだ心の根っこには多数派でいることへの安心感があるみたいです。

いまだにブレブレだなー(笑)

 

では。

コメント