節約ばかりしていては人生変わらない!5千円を居酒屋よりフレンチで使うといい理由

お金の話

節約や貯金を意識した生活をしていると、選択の基準が「安いもの」「お得なもの」「コスパのいいもの」になりがちです。

これ自体が悪いことだとは思いませんが、全てにおいての基準をこうしてしまうと、自分の基準は上がらない、あなたの人生はいつまでも変わらないよ、という興味深い話を読みましたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

居酒屋よりフレンチでお金を使え!

5分の使い方で人生は変わる 」によると「居酒屋で5,000円使うくらいなら、5,000円のフレンチを食べた方がいい」という話をもとに、その理由に次のようなことを上げられてます。

 

  • 多くの人にとって「居酒屋は普通でフレンチは特別」という基準が刷り込まれている(使っているのは同じ5,000円なのに)。
  • この状態で「普通ではない特別な人生を送りたい」と思うのは間違い
  • 5,000円のフレンチを食べるとなれば、居酒屋とは明確に「ステージ」が変わる
  • 普段とは違う環境下に身を置けば、自然と気持ちが前向きになり、その後の思考・行動に影響がある

 

私にとって居酒屋で5,000円は、特別ではない日常です。5,000円まで出さなくても、同じ空間で同じようなお料理も食べれますしね。

でも、5,000円のフレンチはなかなかの贅沢です。客層も雰囲気もお料理も、日常で接しているものとは違うでしょうし特別感がある。

そういうものや空間とかかわりをもつ機会を増やせば、自分の基準は上がる気はします!

 

お金のある自分になりたい

将来の不安を和らげるために貯金をしてますが、貯金をすること自体が目的ではありません。

贅沢をしたいというよりも(したくないわけでもないけど)、一番はお金に左右されない人生を送れるようになりたいんですよね。

 

お金があるならちょっといい暮らしを実現したり、やりたいことをやれる人生だったりと、お金を使って幸せになれる方がいい。

そう思っているのにいつまでも同じ選択しかしないのであれば、自分のレベルは一向に上がることはないということ。

貯金はあっても、その中身は「お金のない自分のまま」だということです。

 

あなたが何となく無意識のうちに選択している習慣を一度見直し、変えていかなければ、いつまでたっても同じ選択の繰り返しという罠にハマってしまいます。そうならないためにも「普通の基準」を上げる必要があるのです。

 

お金を贅沢に使おう!という話ではありません。予算ももちろん守ります。

ただ、安いもの・お得なモノ・コスパのいいものだけを基準にしてたら、どんなにお金があっても今までの人生と変わらないよ?て話なのかなーって思いました。

 

この選択に対する小さな意識が、あなたの行動に違いを生み出し、それが後々、大きな成果となって目の前に現れるでしょう。

 

おわりに

お金は使ってなんぼ!

私は予算が守れるタイプなので、自分の基準を高める使い方をより意識していこうと思います!

5分の使い方で人生は変わる (角川フォレスタ) [ 小山竜央 ]
楽天ブックス
¥ 1,404(2019/09/19 12:51時点)

コメント