nanacoと現金払いが併用できた!端数を現金で払って、nanaco残高はゼロにして管理。

家計管理

クレジットカードのポイントを貯めるために電子マネーのnanacoで税金の支払いをしていますが、それ以外ではnanacoを使うことはありません。

そのためnanacoを使うときは、支払う予定金額分だけチャージしてすぐに使い切り、常に残金がないようにしています。

その都度チャージするのが面倒でも、そのほうが管理の手間が省けますしね(^o^)

 

スポンサーリンク

nanacoと現金払いは併用できた!

先日ね、実家の税金を立て替えてnanacoで払ったのですが、ついでに実家の水道料金も払ったんです。

税金だけだと千円単位までのキリのいい数字でしたが、水道料金も一緒だったので合計22,158円と端数が出てしまいまして。

これを全額nanacoで支払おうと思ったら、23,000円チャージしなければなりません。でも、それだとnanacoに842円の残金が残ってしまいますよね。

これが嫌で嫌で。。

そこで私は、

  • 22,000円をnanacoにチャージしてnanaco払い
  • 残りの158円を現金

でお支払いしてきましたよ☆

レジで「端数の158円は現金でお願いします」と一応声をかけました。

支払自体は、先にnanacoで22,000円(チャージ分全額)を払うと、店員さんが「残り158円です」と伝えてくれたので、端数を現金で払うといった流れでしたね。

 

要チェック!併用ができない場合とは?

この記事を書くにあたって一応調べたのですが、nanacoは金額を指定して使うことはできないっぽいんですよね(´・ω・`)

なので今回の場合、例えば23,000円がすでにチャージされていて、「22,000円だけnanacoで払い、端数を現金で払いたい」なんてことはできなそう。

nanacoと現金の併用が出来るのは、nanacoをすべて使い切ってしまったあとの不足分に対してだけみたいです。

 

ちなみに、加盟店によっては現金との併用払いができない場合もあるらしいですよー。

公式サイト 電子マネーnanacoと現金は併用して使えますか?|電子マネーnanaco

 

まとめ

電子マネーを頻繁に使わないのに中途半端に残金を残しておくのは、お金の管理がごちゃごちゃしてしまう原因に!

nanacoのチャージは1,000円単位になっています。使い切れる分だけチャージして残りは現金払いにし、残金はいつもゼロにしておこう♡

コメント