運転免許証の住所変更は無料でしたい!マイナンバーを使えば全て解決!

夫婦の免許証 転勤族のこと

引っ越して住所が変わったので、運転免許証の住所変更に行ってきました。

夫に「僕はもう行ってきたよー。はい、これ使いなー♡」と渡された住民票のコピーを持って警察署に行ったのですが、、、

コピーじゃダメなんですね。住民票は原本(役所で取得した写し)のみだそうで。

 

夫が取得していた住民票は、すでに職場へ提出済み。

免許証の住所変更で提出する住民票は返却されるので、夫が職場に出す前に先に手続きしておくべきだったなー。

 

住民票って、とるのにお金かかるじゃないですか。出来れば余計なお金はかけたくないんですよね。

もう一度住民票を取り直すか悩んでいたら、警察署のお姉さんがその他に使える書類を教えてくれました。

 

スポンサーリンク

免許証の住所変更に使える書類

ここで紹介するのは住民票以外の、無料で手に入る書類です☆

新住所が書かれた公共料金の領収証

電気・ガス・水道の領収書のことですね。

ただ、引っ越してすぐだと公共料金の領収書なんて手に入らないのではないでしょうか?

しかも、新住所だけでなく本人宛に届いていることも確認できなければなりませんよね。

ということは、電気もガスも水道も夫名義で届く場合、私の書類としては使えないかと予想してます。

夫と同居していることを証明するには、結局住民票が必要になるかと思うのですが・・・

 

健康保険証

健康保険証って、裏面に手書きで住所を書けるようになってますよね。

あれ、引っ越したら自分で住所を書き直していいらしいのですが、そこに新しい住所を書けば確認書類として使えるらしいです!

え!?て驚きだったのですが、手書きでいいんだとか。

 

ただ、結構頻繁に住所の変わる転勤妻の私は、住所書いてません(参考にする場合は自己判断で!)

引越し引越しで最終的には絶対書くスペースなくなるし、そのときどうしたらいいのかわからないしー。

ということで、そもそも住所の書いてない健康保険証は住所確認には役立たずです。

 

私は夫の扶養に入っているので健康保険証しか知りませんが、国民健康保険証の場合は表面に住所が印字されている仕様になってるんですよね?

その場合はそもそも使えないっぽいので要確認ですよ!

 

マイナンバー

これが私の大本命!マイナンバーが免許証の住所変更に使えるらしいですよー!

マイナンバーは転入届を提出するときに一緒に持っていく必要があるのですが、そのときにマイナンバーの住所変更をしてくれます。

表はマイナンバー発行時点の住所が書かれてますが、裏面に新たな住所が印字されました。

仕組みは運転免許証と一緒ですね。

このマイナンバーで免許証の住所変更ができるということは、そもそも住民票すらいらないということ。これは覚えておかなきゃ♡

 

余計なお金はかけずに住所変更するための案

ということで、今回はマイナンバーを使ってみましたが、今後余計な出費を生むことなくスムーズに住所変更するための方法を考えてみました。

1枚の住民票で夫婦ふたり分一緒に変更

引っ越したら会社への提出物として、住民票は1度は必ず取得します。

それを会社に出す前に免許証の住所変更用に使います。

住所の確認をするだけなので、住民票は戻ってくるから大丈夫☆

このとき、夫にも私の免許証を一緒に持って行ってもらえば、夫婦ふたり分を一緒に変更してもらえるんだとか!

もちろん、家族全員の名前の記載された住民票であることが必要ですけどね。

 

ネットで調べて知った情報なので、実際にやってみたことはありません。

わざわざ二人で行く必要はないらしいので、本当かどうか一度試してみたいなー。

自治体によって違いもあるかと思うので、参考程度にして下さいね☆

 

やっぱりマイナンバー

そうはいっても、仕事が忙しいと免許証の住所変更は後回しになって、先に住民票を会社に出してしまうこともあるでしょう。

となったらやっぱり万能なのはマイナンバー!

というかこれからは「免許証の住所変更=マイナンバー」でいいんじゃないでしょうか♡

 

まとめ

免許証の住所変更は住民票以外でも出来ます。必要書類にお金はかけない方法を選び、余計な支出を防ぎたいですね(*^∨^*)

コメント